2022年12月18日

2022年度第6回例会

20221211()第6回例会が目黒区鷹番住区センター(最寄り駅は東急東横線の学芸大学駅)にて開催されました。



2022.12.11.jpg

 今回は3回目のハイブリッド例会となりますが、オンライン機材が替わり全体の声も聞き取りやすくなり、以前よりも臨場感を味わえるようになりましたぴかぴか(新しい)


【秋の撮影会総括と写真展について】

 まずは撮影会の総括です。オンライン時期に入会された新会員さんで「まだ全員のお名前と顔が一致していない状態」でも、意欲的に実行委員を引き受けて下さったAさんから挨拶がありました。

320585284_3142016852763333_799673707472206895_n.jpg



 写真展については、こちらも同じくAさんからの説明で、まずは期間と場所を決めました。

年内、年明け、季節など集客や宣伝活動、撮影期間なども含めて話し合った結果、再来年20242月中旬〜3月中旬くらいとなり、会場については様々なギャラリー候補が出た中から、


・審査を受けるか受けないか(受けると開催時期を選べない)

・面積と会員数の兼ね合い(広い会場の場合、一人二枚出品にすると予算も倍になる)

・プリント用紙の自由度(ギャラリーによっては用紙を選べない)

・色合わせへの融通性(イメージと違った場合の刷り直し料金など)

・交通の便

など様々な角度から真剣に話し合い、一流プロカメラマンである講師の

「ライティングにはこだわりたい」との意見や経験も重要視して写真展会場が決定しました!


決定事項が増えるとだんだん盛り上がりテーマを決めるところまで一気に進みました。

今までやってきたテーマを振り返るところから始めます。

第1回 何気ない日常

2回 時間

第3回 におい

第4回 流れ


「今までの抽象的なテーマの流れで、車両ドッカンは無しで」という方向で会員さんに意見を聞き、ギャグなのか本気なのか分からないような様々なテーマが出されました。

野村会長の人柄なのか、会員同士が雑談しやすい雰囲気の中で笑いが絶える間なく、なんと、テーマまでも決定してしまいました!

笑いの中で決まったものの内容は展示方法まで見据えたもので、その後もワイワイと展示の仕方をどうするかまで意見が出され、気持ちはすっかり晴れの舞台へと向かい意欲が高まります。

今後の撮影が試練となるかもしれない事はさて置き、鬼が笑う来年ではなく再来年の開催に向け、会員一同今から写真展に挑みますexclamation×2


【来年春の撮影会実行委員選出】

秋の撮影会が終わったばかりですが、来年は4月が撮影会の日程となり、あ2回の例会しかありません。

「まだやっていない人」が指名され、山ア講師の他の講座なども受講されているSさんが任命されました。よろしくお願い致します。

【秋の撮影会・年度賞の審査と講評】


審査風景.jpg 

講師「・・・」

休憩時間を利用しての山ア講師の審査が始まりました。


講評風景.jpg

講師「・・・」


だんだんと会員さんが集って来ますが、講師は真剣で構ってくれないので

雑談.jpg

会員さんが購入した鉄道のカレンダーを見ながら雑談タイムに。


この後撮影会と年度賞の席順者発表がありましたが、一年間で一番の大きな賞である年度賞の最優秀賞に選ばれたのが他社製機材での撮影のため規定によりキヤノンの会報には載らず該当者なしとなってしまいます。

入会時に説明があるものの、区分けを感じることなく過ぎていたので、やはり同じ会員である仲間としてショッキングな出来事でしたが、受賞には変わりなく、こちらのHPの入席作品集とFacebookでは最優秀賞として掲載させていただくこととなりました。


撮影会の総評へと進みます。

「分かりにくい写真が多くて何の写真か分からないのが目立った、電車に興味が無い人が見ても分かるようなのでないと、身内だけの会になってしまう」とのこと。

以前の例会では「鉄ちゃんだけが分かる写真にはしたくない」との講評も受けたので、どんな写真を撮れば良いのか難しいですが、そこが『れいるうぇいず』の面白さという事で…。


今回の雨の撮影会では熱心に撮影されていた講師、珍しく(?)数枚もの作例を見せてくれましたよ!

作例.jpg

さすが鉄道カメラマン山ア友也講師の作品は美しく、とても勉強になりました!


2022年度1年の総括】

総括.jpg

力説中。

旬な話題として講師からキヤノンから発売される最新カメラの紹介がありました。乗り物優先・鉄道モードが付いているそうでカメラ談義に花が咲き、各連絡事項と記念撮影をして例会終了ですが、いつもならスマホを取り出す野村会長が三脚付きで取り出したのは、いつの間に購入されたのか


じゃーんどんっ(衝撃)

7.jpg

「写真サークルなんじゃけぇ〜カメラで撮れや〜」とスマホで撮るたび講師に言われていましたが、

会長なかなかやりますね!わーい(嬉しい顔)


今回はオンラインでの参加者はいませんでしたが、後日に録画で例会風景を見直したところ、会場全体、講師、ホワイトボードと3か所から同時映像で臨場感たっぷりに映っており、カメラも進化、例会も進化、進化の中に身を置いていることを改めて感じました。これなら遠方の方が入会してもオンライン参加で楽しんで頂けるかもしれませんぴかぴか(新しい)

写真展に向けて活動が始まるこのタイミングでの、新規会員さんの募集も始まりますので(詳細は後日改めてお知らせします。)今後ともキヤノンフォトクラブ『れいるうぇいず』をどうぞよろしくお願い致します。

posted by CPCれいるうえいず at 12:45| Comment(0) | 例会報告

2022年11月27日

2022年秋の撮影会レポートA


 秋の撮影会レポート@に続いて、Aのレポートをお送りします。

レポート@はこちらです→http://cpc-railways.sblo.jp/article/189952881.html


小湊鉄道、五井機関区撮影会

 今回は11月23日の祝日開催で、仕事や家庭の事情、季節の変わり目からか当日の体調不良での欠席者が目立ち、11名での撮影会となりました。千葉県の五井駅に9:00集合。機関区見学開始。

2.jpg

エンジンを覗き込み、雨でも関係なく楽しそうな皆さま。

4.jpg

なんか「やっちゃった」みたいな講師。

ピンポイントで今日だけ降っている雨といい、最強レベルで雨男絶好調。2日間雨が降りやまなかったコロナ渦前の「ひたちなか海浜鉄道と真岡鉄道」の撮影会を思い出しているのは講師も同じようです。

6.jpg

行き先表示を替えてくれるのですが、車両の写真を撮っても山ア講師は評価してくれないのを会員一同解っているので、鉄ちゃんモードから切り替えて他の場所へ自然と散らばって行きました。


車両区撮影の後は列車に乗って移動します。

今回参加者はストラップを渡されましたが、M.Fさんの首に一人だけ違う駅名入りストラップが掛かっているのを発見exclamation売店で売っていた小湊鉄道のだそうです。

7.jpg

撮影会実行委員のT.Aさんが作成されたプランをもとに月崎駅で下車。ここにはヤマザキストアがあり昼食を薄暗い駅舎構内で食べて撮影開始です。

8.jpg

木の実が綺麗でしたが鉄道と絡めるのは難しく断念…。

そこから再度乗車し上総大久保駅へ。

316171419_5609311492516113_4179917078818284187_n.jpg

トトロのイラストが描かれている有名な駅です。

9.jpg

風でイチョウ吹雪となっていて傑作が撮れそうな予感?でも当然雨を遮るものがありません。
熱心に撮影されている皆さんと一旦別れて、せっかくフリー切符があるので養老渓谷駅まで行って折り返しました。

11.jpg

11a.jpg

綺麗でしたがやはり鉄道と絡めるのは難しい。

時間まで散策して戻ります。上総大久保駅で撮影されていた講師と会員さん達が乗り込んで来ましたが、車内は子供達で既にいっぱい。「向こうの席が空いてますよ」と教えてくれた子供達と講師はすぐに仲良くなって、降りる時には写真も撮らせて貰っていました。

12a.jpg

講師の側にいると、どうやって作品が生まれるのか、その光景を見ることが出来、その写真が写真展などで飾られた時には大感激することが出来ますぴかぴか(新しい)

こんな風に有名写真家と一緒に撮影出来るのも撮影会ならではexclamation会員にとって勉強となり大きなメリットです。


その後は里見駅へ。早めに帰宅しようとした会員さんが「やらかしちゃった」らしい…。一瞬青ざめたものの一転してハイに?

w.jpg

生徒も講師も「誰かが何かをやらかす」のが恒例となり(?)笑いに変えてしまうのが、このフォトクラブの良いところわーい(嬉しい顔)

トロッコ乗車まで時間を持て余すかと思いきや、思っていたより早くイルミネーションが点灯され撮影に忙しくなりました。

 13a.jpg

山ア講師と

13.jpg

会員さんたち。

12b.jpg

暗くなり、紅葉からクリスマスムードに。


山ア友也講師曰く「雨の日の方が作品となるものが撮れる」そうです。「ひたちなか海浜鉄道の撮影会で撮った写真が写真展の(品川Canonで開催された山ア友也個展『少年線』)作品となったし。」


雨のトロッコ列車に乗って戻ります。窓が無いのは覚悟していましたが

14a.jpg

なんとベンチまで濡れている!誰もいないはずですね…。知ってる人はそれを承知でカッパを着て乗るそうです!

14.jpg

さむいよー。ブルブル

15.jpg

結局暖かい車両へ。(笑)

16.jpg

17:56五井駅到着。

楽しいプランと撮影会を有り難うございました。

皆様お疲れ様でした!      (担当M.N)




ちなみに、コロナ渦前の2019年秋に開催された『雨のひたちなか海浜鉄道撮影会レポート』はこちらです。

この回は泊まりでしたが、今回と同じように雨が降り続き、雨男の講師を持つ『れいるうぇいず』らしい(?!)撮影会となったのでした。

posted by CPCれいるうえいず at 01:45| Comment(0) | 撮影会報告

2022年11月26日

2022年秋の撮影会レポート@

314393968_1309509346475443_2060037022670969149_n.jpg

春の撮影会に続き、秋の撮影会も無事開催することが出来ました。

今回はO.Sさんのレポートですexclamation

れいるうぇいずの撮影会は団体行動、自由行動と選ぶことが出来ますが、機関区見学後から自由行動を選ばれたO.Sさん、どんな撮影会だったのでしょう。



2022年11月23日(祝)小湊鐵道秋の撮影会レポート                               


雨男の教授と私の参加により、生憎の雨模様でしたが、T.Aさん企画の小湊鐵道での秋の撮影会が開催されました。


先ずは9時から11時は、小湊鐵道のIさんのご案内で五井機関区の見学撮影です。

Iさんから、キハ40導入の経緯を色々聞き、下記の通り長期の部品供給が可能なタイプを選定されたとのことで、苦心の程が伺えました。


※選定基準3つ

@カミンズ社製エンジン(世界中から部品供給が可能)

画像1.jpg

Aコイルばね台車(エアサスは硬度が変化するゴム部品が多いため)

画像2.jpg

B忘れました^^;


従来のキハ200形は、部品供給の関係であと10年は持たないそうで、そのためにキハ40を導入したそうで、キハ40を更に増やすとまた、同時期に部品供給が途切れるので、別の車両も模索しているそうです。


キハ200は冷房用のエンジンがオーバーヒートするが、キハ40は走行用エンジンで冷房も兼ねるので、夏場も快適だそうです。ただしキハ40も故障したりで、夕方のエンジンの調子で翌日の運用が決まるので、貸し切り等での車両の指定は出来ないそうです。また、キハ40は馬力があって、従来のキハ200との混結は一部の運転士泣かせだそうです。



保存車両の見学では、12号機関車、B1043両のSLはヘッドライトを点灯してくださり、

画像3.jpg

また、元三信鉄道の電車だった大正3年生まれのキハ5800形の車内では

画像4.jpg

狭い運転台に小柄なM.Yさんが座って、ご満悦でした

画像5.jpg

従来のキハ200は縦型エンジン(キハ40は横型)で、床板を開けると点検整備が可能とのことで、エンジンの始動見学をさせて頂きました。

画像6.jpg

もう一つ、珍しいものは、旧日本陸軍のフリーゲージ貨車で、後で詳細を撮影するのを忘れました(T_T)

画像7.jpg


説明の後は、自由撮影で、運良く3編成が並んだキハ40には、ヘッドマークも装着されました

画像8.jpg

五井機関区見学後は11:20発の列車で移動し、

画像9.jpg

私は自由行動でしたので、途中で別れて、

画像10.jpg

K.YさんやN.Tさんとは途中で出くわしましたが、


団体行動の予定変更があったようで、月崎駅では合流できませんでした。

画像12.jpg

以上、主に前半部分のレポートでしたが、団体行動のご一行様は、雨降りの寒い中、里山トロッコでの帰還でした。


画像13.jpg

いちょうの絨毯が綺麗な小湊鉄道でしたので、そういう作品も期待ですね。画像14.jpg


O.Sさんレポート有り難うございました雨 例会ではどんな作品が提出されるのか、とても楽しみです。

posted by CPCれいるうえいず at 19:54| Comment(0) | 撮影会報告