2016年10月25日

2016年度第5回例会

2016年度第5回例会


10月15日 2016年度第5回例会が、目黒区中小企業センターで開催されました。

今回の例会は、作品講評とゲストトーク。

ゲストトークは写真家小澤太一先生で、始まる前からとてもワクワクしています。




まずは事務局からのお知らせに続き、


★春の撮影会について
11月に予定している秋の撮影会について撮影会担当より計画内容の最終説明がありました。
今回は1泊2日の泊りの撮影会です。天気になることを願いつつ、今からとても楽しみです!

IMGP3258.JPG


★作品講評

今年度の入ってからは写真展作品の選定と講評を行っていたので、久しぶりの作品講評です。
テーマ、撮影期間は自由という、これまでにない講評会です。

IMGP3263.JPG

テーマが自由なため、各自の好きな題材でどのように撮影したら良いのか、
さらに撮影地の全景の写真からどのような構図にしたら良いのかなど、
講師から写真に対して講評をいただくのではなく、助言を求めるメンバーもいました。

これまでの決まったテーマによる講評よりも、
普段の撮影で悩んでいる点などを聞くことができて、メンバーそれぞれ有意義な講評となりました。


さて、いよいよゲストトークの報告です。


★ゲストトーク

さて、例会のメインイベント、ゲストトークの時間となりました。

今回のゲストは世界中の子どもたちの撮影をライフワークにされている写真家小澤太一さんと、
小澤さんが講師をされているキヤノンフォトクラブ「東京INFINITY」の代表、菅原浩さんです。

DSC_5574_original.JPG

最初は菅原さんから東京INFINITYの活動内容を紹介していただきました。
結成は2012年1月、現在の会員数は38名(男性22名、女性16名)であり、
当会よりも若干女性比率が高いようです。

DSC_5576_original.JPG

EOS学園の小澤太一さんの講座を受講された方々で構成されているとのことです。
パワーポイントを使って、結成からこれまでの活動内容を詳しく解説してくださいました。

活動としては、例会または撮影会を月1回開催、写真展は既に3回開催しており、
さらに来年には次の写真展開催を検討されているとのこと。
大変精力的に活動されているクラブだということがわかりました。

また例会ではゲストトークも数多く行われており、
名立たる写真家のみなさんをお招きしているのには驚きました。
当会の講師の山ア先生もお呼ばれしたこともあるそうです。

さらには写真活動とは別に「東京INFINITY駅伝部」というのもあり、
数々の大会に参加し、会員間のつながりを大事にしているそうです。

DSC_5614_original.JPG

会の運営は役員中心で行っていますが、
その他の会員にも持ち回りで色々な役を担当してもらっているとのこと。
運営方法についても大変参考になりました。


後半は小澤太一さんにバトンタッチ。

「キヤノンフォトクラブ 頂上決戦!? れいるうぇいずvs東京INFINITY」

DSC_5617_original.JPG

というタイトルで、パワーポイントでの解説が始まりました。

まずはご自身のプロフィール紹介です。
日本大学芸術学部写真学科(山ア先生の後輩!)卒業後、アシスタントを経て、
25歳でフリーカメラマンとして独立されたそうです。

DSC_5619_original.JPG

続いて、最新の写真集「Don Det」から、何点かの作品を解説してくださいました。
Don Detの意味は「デット島」ということで、ラオスのメコン川の中州(=島)の町で、
そこの子どもたちを中心に撮影された写真集です。

実物の写真集も見せていただきましたが、
子どもたちの生き生きとした笑顔が大変印象的な作品ばかりでした。

DSC_5625_original.JPG

その他、「ナウル日和」や「チビッコハウスへようこそ」等の写真集からも
数々の作品を解説してくださいました。

写真集として作品をまとめ上げるために何度も同じ場所に通い煮詰めていくとのこと。
一朝一夕では良いものはできない、ということが良くわかりました。

その後は事前にお渡しておいた会員からの質問に答えていただくというスタイルで、
いくつかの作品を紹介してくださいました。

「(小澤さんの)国内で撮影された作品がみたい」、
「海外の撮影地はどうやって決めているの?」等への回答から、
カメラマン「小澤太一」の活動を詳しく知ることができました。

DSC_5638_original.jpg

また「人を撮るのが嫌いなのですが、どういう所に気をつけて撮れば良いのか」
といったちょっと変わった質問にも的確に回答していただきました。
ちなみにその質問に対しては

「アマチュアなのだから、撮りたくなければ撮らなくて良いのでは?
自分の写真の表現力を広げるためと思って、とことん撮って、それでも嫌ならやめれば良い」

というアドバイスをいただきました。

最後に「鉄道を撮るとしたら、何を撮るか」という問いについてはやはり
「人間を絡めて、人間臭さを表現したい」とのことでした。

約2時間のゲストトークでしたが、楽しくてあっという間に時間が経ってしまいました。
その後は記念撮影を行い、続きはHRで、ということで場所を変えて、(かなり)懇親を深めることができました。
小澤さん、菅原さん、ありがとうございました。

135_original.JPG

東京INFINITYのホームページ

小澤太一さん
ホームページ http://www.kozawataichi.com/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とても楽しく、有意義なゲストトークでした。
また、自由テーマの講評もこれまでにない内容で充実した例会でした。

今回の報告は、ゲストトークについては【T.M】さんにお願いしました。
T.Mさんありがとうございました。

次回は撮影会の模様を掲載予定です。

【M.S】







posted by CPCれいるうえいず at 15:01| Comment(0) | 例会報告