2021年03月02日

2020年度臨時例会


2020年12月19日13時〜17時 臨時例会
11月の例会が本年度最後の定期例会でしたが、年度賞の発表、写真展候補作品の講評、また当初、本年12月に開催予定だった写真展をどうするか検討するため、臨時の例会を開催しました。



1.事務連絡
・来年新メンバーを募集していますが、いまのところ、希望者なく、引き続き、積極的にやりたい方を募集していくこととなりました。
・来年度の予定を確認しました。第1回例会は、場所は確保してあるものの、コロナの状況もあり、特に地方からの参加も難しそうなので、リモートになる可能性が高く、最終的には1月に判断することになりました。
・写真展に関しては、今年の12月に予定していた会場はキャンセルしましたが、同じテーマで写真展を開催していく方向となりました。時期と場所については、講師だけでなく参加者から様々な意見がでました。具体的な時期は継続審議となりましたが、モチベーションを維持するためにも期限を早く決めた方がよいとの意見があり、場所とともに、次回1月の例会で、詰めることになりました。


2.写真展作品候補についての講師によるアドバイス
 テーマに沿って、会員それぞれが考え、試行錯誤した46作品が提出されました。作品数は多かったですが、講師は一枚一枚じっくり見て、作者から撮影の意図をきき、写真としてどうか、テーマにあっているか、写真展の作品としてどうか検討され、作品自体の改善点から、写真に対する姿勢まで、意見を交換しました。途中、講師宅のブレーカーがおち、復旧に時間が掛かったこともあり、終わるまで、トータルで2時間24分もかかりましたが、大変勉強になりました。


3.年度賞 毎年恒例のれいるうえいず最大の作品発表
昨年最後の例会の翌日から今年11月15日までに各会員が撮影した最高の作品、18枚が提出されました。講師より下記7作品が選ばれました。おめでとうございました。
最優秀;「電光石火の如く」(HMさん)、第一席;「迫りくる」(MKさん)、第二席;「スポットライトをあびて」(KIさん)、第三席;「寒桜」(NKさん)、第四席;「信頼」(KNさん)、第五席「秋陽」(SKさん)、第六席「ライトニング・シャワー」(TMさん)。受賞作品については、後日ホームページのギャラリーに講師の講評とともに掲載予定です。また惜しくも入賞を逃された作品については、次回1月例会にて、講師よりどこを改善すればもっとよくなるか講評してもらう予定です。また、会員の投票で選ぶ、みんなの年度賞では、第一席;「スポットライトをあびて」(KIさん)、第二席;「薄暮にゆく」(ATさん)が選ばれました。おめでとうございました。
もともとはもっと早く終わる予定でしたが、気づいてみるといつもの例会とほぼ同じ17時くらいになり、例会終了となりました。リモートとは言え、会員皆さんの熱意はコロナに負けてないと心強く感じました。ぴかぴか(新しい)
posted by CPCれいるうえいず at 16:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: