2018年04月25日

2018年第2回例会


2018年第2回例会が、3月18日(日)に目黒区下目黒住区センター会議室で開催されました。


事務連絡の後、前回の例会で発表された年度賞の表彰です。

【年度賞】

年度賞は、講師が選ぶ年度賞とメンバーが選ぶ年度賞(1位〜3位)があります。
メンバーが選ぶ年度賞の1位は、2作同数で講師が選んだ最優秀賞と第3席の作品が選ばれました。
3位は、講師が選んだ第2席の作品が入賞しました。

・講師が選ぶ年度賞ぴかぴか(新しい)

IMG_1572.jpg

IMG_1574.jpg

IMG_1581.jpg

IMG_1576.jpg

IMG_1578.jpg


・メンバーが選ぶ年度賞ぴかぴか(新しい)

賞品として、「キヤノン写真用紙・光沢 プロ [プラチナグレード]」が贈られました。

IMG_1580.jpg

IMG_1583.jpg


年度賞受賞作品と講師の講評は、コチラをご覧ください。



【春の撮影会について】

4月21-22日に実施される春の撮影会の詳細が、撮影会委員の方々説明がありました。
今回の撮影会も内容盛りだくさんです。
なぜかこのサークルでは天気の心配が第一にあります。どうしてでしょうか?雨

DSC02949.jpg



【写真展の話し合い】

続いて12月の写真展の話し合いが行われました。
撮影するのに非常に難しいテーマのため、メンバーみんな頭を悩ませています。あせあせ(飛び散る汗)
そんな中で、写真展展示作品の決定方法等、写真展に対するメンバー一人ひとりの考え・意見を発表しました。

DSC02955.jpg

作品決定に関しては、メンバーで意見を出し合って決めた方が良いという意見や、講師に全てを任せたほうが良いなど、たくさんの意見がでました。
最終的には、作品をメンバー皆で見て、個々人の感想・意見を言い合い(メンバーの作品を見る力を養う勉強の場)、それを受けて講師が作品決定、作品講評を行うこととなりました。カメラ

DSC02961.jpg

「写真展を成功させよう」ということを確認して、例会は終了しました。

12月の写真展、乞うご期待くださいexclamation×2



終了後は、いつものようにメンバーで楽しくお酒を酌み交わしました。
posted by CPCれいるうえいず at 06:25| Comment(0) | 日記

2018年01月31日

第7回総会と2018年第1回例会

1月28日(日)2018年の第7回総会と第1回例会が、目黒中小企業センターで開催されました。
前半は、今年で7回目になる「れいるうぇいず総会」が開催され、後半は2018年第1回例会が開催されました。
rail_1.JPG


【第7回総会】

最初に会長から今年度の方針や運営方法について話がありました。

rail_2.JPGrail_3.JPGrail_4.JPG

今年は12月の写真展向けての撮影や集まりが多くなり忙しくなりそうです。その間にも春と秋の撮影会も実施されます。




【第1回例会】
2017年の秋の撮影会の表彰
秋の撮影会の表彰がありました。入席された方、おめでとうございます。入席できなかった方、次回頑張りましょう。
rail_5.JPGrail_6.JPGrail_7.JPGrail_8.JPGrail_9.JPGrail_10.JPGrail_11.JPGrail_12.JPG

年度賞
続いて年度賞です。「今年はレベルが低い」との講師からのお言葉。
それでも入席された方のレベルは流石です。
正式発表はこのホームページで行います。楽しみにしていてください。
rail_13.JPGrail_14.JPG

rail_15.JPG

写真展の話し合い
続いて12月の写真展の話し合いが行われました。
「れいるうぇいず」の写真展は「グループ展」です。好きなものを好きなだけ撮影して展示する写真展とは、ちょっと方向性が違います。1つひとつの写真はもちろん大切ですが、それが集まった時に「大きなメッセージ」を発信できるように構成されます。
メンバーの作品1つひとつは、その大切な構成要素です。
自分の役割を実行するためにメンバーはこれから奔走することになります。
rail_17.JPG
写真展のテーマはまだ秘密ですが、テーマを構成する要素は何なのかを皆で話し合いました。
メンバーが、各自テーマに合うと思う写真を持ち寄って、それを見ながらイメージを共有していきます。

講師も頭のなかには漠然とした写真展のイメージはあるようなのですが、それを言葉や目に見える形で説明できないようです。(注:説明できないのは、講師の能力が低いのでは無く、前例が無いためとテーマの抽象度が高いためです。)
講師もついに「わしにもわからん!」「テーマ変えようか?」と発言し、メンバー一同「え〜っ!」。

rail_18.JPG
それでも山崎講師は地道に「こんな感じじゃなぁ」「これは違うな」と、メンバーの写真を、1つひとつを見ながらイメージを伝えていきます。

これは山崎友也流伝達方法です。大きな抽象的なイメージを共有するのに、似たような抽象的な例をたくさん示して伝える方法です。巨人の長嶋元監督が擬音語や擬態語でスイングのイメージを選手に伝えていた方法と似ています。
話し合いの結果、「なんと無く写真展のイメージ」がつかめてきました。

講師の山崎友也先生は、もしかしたら天才なのかもしれません。さもなければ、カメラを持った酒好きのおじさんです。

これからの準備が大変ですが、これまでに無い写真展を行いたいと思います。写真展楽しみにしていてください。
rail_19.JPG

写真展実行委員の皆様、準備と運営ありがとうございます。感謝。



集合写真
syugou.jpg
この後いつものように懇親会で楽しくお酒を酌み交わしました。

※本文中システムの都合上表示できないので、やまさきゆうや講師の「さき」の字は「崎」を使っていますが、正式には右側の上部は「大」ではなく「立」になります。


posted by CPCれいるうえいず at 11:15| Comment(0) | 日記

2017年11月30日

第6回例会

2017年第6回例会
2017年11月18日、第6回例会が目黒の「目黒中小企業センター会議室」にて開かれました。
今回は、2017年最後の例会になります。

★事務連絡
_W4I7690.JPG_W4I7693.JPG
最初に会長より会員更新期限の確認などの事務連絡がありました。

_W4I7696.JPG_W4I7701.JPG
その後、表彰がまだだった春の撮影会3席のKさんの表彰がありました。
Kさんおめでとうございます。


★写真展
来年開催されるれいるうぇいずの写真展について、テーマ等について委員から説明がありました。
テーマは、撮影する時のモチベーションとして大切な要素なので様々な意見が会員から出されていました。
写真展の内容については、詳細が決まりましたら報告させていただきます。
_W4I7711.JPG


★秋の撮影会席次選考と発表
去る10月21日に実施された「秋の撮影会」の席次の発表がありました。今回は雨天曇天と陰影に乏しいシチュエーションなので、みなさん苦戦するだろうと予測していましたが、流石!れーいるうぇいず!素晴らしい作品が提出されてました。
同じ条件状況で真剣に作品作りするのは撮影会のならではです。他の方の作品が見ることができて、勉強になります。
毎回、会員の視点の柔軟さや、テクニックの高さに驚嘆しています。
作品の発表がありましたらホーム・ページで発表させていただきます。
_W4I7718.JPG

_W4I7726.JPG

今回の特別賞は、3席のSさんです。
みんなが立ち去った後も、粘りに粘った昼間の8秒の長時間露光の作品です。
Sさんおめでとうございます!


★特別講義
休憩を挟んで元れーるうぇいずの会員だったキャノンのHさんに今回は遠くからお越しいただきました。
_W4I7733.JPG
Hさんはキャノンのレンズ製造部門の在籍していらっしゃっり、豊富なレンズの知識をお持ちの方のです。
今回は、撮影するために必要なレンズの基礎値知識について解説していただきました。
ズームレンズと単焦点レンズのパースペクティブの話や、レンズのパンフレットでよく見るMTF曲線の読み方を解説していただきました。
これは他の会員の方も話してましたが、パンフレットを読んでもわからない話だったので、とても面白かったです。
これからのレンズ選びの参考にさせていただきます。
また、DPP4に搭載されいる「デジタルレンズオプティマイザ」は、優れものだということが分かりました。恥ずかしい話ですが、私はカメラについている「オートライティングオプティマイザ」と同じものだと思っていました。
キャノンのレンズを使っているならぜひ試したい機能です。
Hさんありがとうございました。

やっぱりキャノンのレンズは凄いですね!
EF85mm f1.4l is usmも発売になりましたし来年も新製品に注目です!
キャノンのレンズがまた増えてしまいそうです。。。



★記念撮影
IMG_6255.JPG

最後はすっかり暗くなっていましたが外で集合写真の撮影です。


★ホームルーム(懇親会)
いつものように目黒駅前でホームルームが行われました。今回も写真は無しです。

1年間お疲れ様でした。また来年お会いしましょう!


今回の担当はTでした。最後までお読み頂きありがとうございました。

posted by CPCれいるうえいず at 23:17| Comment(0) | 日記