2015年10月21日

2015年度第5回例会


1日ごとに涼しくなり、鮮やかな夕暮れが季節の変わり目を感じさせるようになりました。
気候もよく被写体に事欠かないこの時期、「れいるうぇいず」の会員も
ローカル線の撮影や写真展を開催したりと精力的に活動しています。カメラ

そして、11月には1泊2日の撮影会を控え、準備も大詰め。
年末まで一丸となって走り続けます!!ダッシュ(走り出すさま)

それでは第5回例会の様子をレポートいたします。


秋の撮影会について

11月の秋の撮影会について、担当のOさん、Iさんより説明がありました。
全体のスケジュールや恒例となっているミニツアーまで楽しみな企画が決まってきており、
だんだんとワクワク感が高まってきます。グッド(上向き矢印)

また、メインの鉄道撮影だけじゃなく、B級グルメ情報や夜のホームルーム(反省会)まで
きっちりとケアするのが「れいるうぇいず」流。
今回も間違いなく楽しい撮影会になりそうです!新幹線


★車両の貸切や映画の撮影地巡りまで計画されています!
3U4A9343.JPG


写真展について


2016年9月に予定されている第二回の「れいるうぇいず写真展」のテーマについて、
前回の例会で会員に広く意見を募集しましたが、
講師と役員による最終的な検討結果が発表されました。

★写真展のテーマや展示方法までを説明
3U4A9349.JPG

来年の6月までは、課題(例会の審査作品)のかわりに撮影会の作品を撮り、
例会で講評が行われる予定です。

長く厳しいチャレンジとなりますが、頑張っていきましょう!カメラ

★講師からも激励の言葉が!
3U4A9356.JPG


課題講評


続いて、今回の課題テーマ「小さい秋」の提出作品についての講評が行われました。
「小さい秋」というテーマがやや曖昧で被写体を見つけづらいものだったため、
どこまで「秋」を出していいのか悩めるテーマとなりました。

3U4A9364.JPG


講評では、講師から以下のようなアドバイスがありました。

・ピントやブレは致命的となるため確実に
(センターのフォーカス枠を使って確実にピントを合わせた後、撮りたい構図に戻す)

・ピントのズレをなくすためには(シャッターボタンでのフォーカスより)親指AFが便利

・ピントを合わせた被写体を最も目立たせる(余計なものがかからない、背景をスッキリ)

・見た人がどう感じるかを考える(客観的な判断)

・F値などのデータは撮影地、天候、機材で変わるため、その場で試して決める

やはり大変参考になりますね。
(私もついつい甘ピンになってしまうので、大いに反省です・・・)


ホームルーム


本日の例会会場は両国の「江戸東京博物館」。
ということでホームルームはやっぱり本場の「ちゃんこ鍋」!ビール
両国駅のかつてのにぎわいを思い浮かべながら、長い夜は続いていきました・・・。眠い(睡眠)

例会終了後はきれいな夕焼けが広がっていました
3U4A9396.JPG




次回は今年最後の12月の例会をレポートする予定です。
次回例会では、撮影会作品の審査、年度賞の作品提出、
そして写真展の作品講評などイベントが盛りだくさん。

だんだんと寒くなりますが、体調に気をつけて活動していきましょう。

それでは!

【Y.H】


posted by CPCれいるうえいず at 21:31| Comment(0) | 例会報告

2015年08月28日

2015年度第4回例会


本当に猛暑が厳しかった今年の夏晴れですが、その勢いもようやく陰りが見え、
かすかに秋の気配を感じるようになってきました。

今回「れいるうぇいず」の会員は5月の撮影会の再撮という重い課題を抱えながら
熱い夏を過ごすことになりましたが(笑)、
ひと夏を超え、講師が納得する作品を残せたのでしょうかカメラ

それでは例会の様子をレポートいたします!!


秋の撮影会について

11月に1泊2日で予定されている秋の撮影会について、
担当のお二人から説明がありました。
撮影地は多くの路線が走る地方の中核都市でありながら、
日本有数の大自然も望める、魅力ある街に決まりました。新幹線

スケジュール調整も順調に進んでいるようで、今から楽しみです!
もちろん、撮影後のお楽しみ、HR(反省会)ビールも組み込まれています!!

★説明を聞いているだけでワクワクします!
3U4A7509.JPG


★過去のブログを見ながら初めて参加される方とイメージを共有
3U4A7513.JPG


春の撮影会表彰

続けて、
第3回例会で発表がありました春の撮影会(JR線上野駅〜大崎駅間)
の入賞者表彰式が行われました。手(チョキ)


受賞された皆さんには、
キヤノンフォトサークルよりポイント券が授与されます。

第一席
「父のまなざし」 固山 敏行
3U4A7515.JPG

第二席
「積層空間」 中田 仁志
3U4A7517.JPG

第三席
「都会のオアシス」 工藤 治彦
3U4A7519.JPG

第四席
「三見一体」 中村 真理
3U4A7521.JPG

第五席
「酒と鉄道」 大野 康晴
3U4A7523.JPG

助川賞
「百年の時を越えて」 尾野 靖
3U4A7525.JPG

みなさん、おめでとうござます!!カメラ


写真展について

約1年後の2016年9月に予定されている
第二回のれいるうぇいず写真展について、
撮影テーマや展示方法を決めるための意見募集がありました。

いままでに寄せられた
「昭和」や「未来に残したい鉄道風景」
といった案を骨子として、
皆さんに自由に意見を述べていただくと・・・

・国鉄(JNR)
・働く鉄道(人、車両)
・生きる(鉄道との共存)
・1つのテーマで相反する2つの答えを展示する
・人との結びつき

といった、様々な意見が出ました。

本日結論は出ませんでしたが、撮影の制約が少ないテーマのうち、
れいるうぇいずの方針に沿った
「鉄道愛好家以外の方にも鉄道写真を広めることができる」
ことを
実現できるテーマを講師とともにセレクトする予定です。

★講師からは「チャレンジ」して上達できるテーマに!とアドバイスが
3U4A7533.JPG

テーマが決定したら、写真展の成功に向けて一丸となってチャレンジしていきましょう!


課題講評

今回の課題はJR線上野駅〜大崎駅間の再撮
(関東以外の会員はそれぞれの地元路線が対象)。
それぞれ前回の撮影を思い出しながら、さらに深堀りしたり、新たなテーマを探したりと
れいるうぇいずらしい個性的な作品が集まりました。電車

3U4A7548.JPG

一人ひとりの持ち時間の中で、
被写体のイメージやカメラの設定など、
作品の狙いを説明します。
講師からは全体の印象や改善点のアドバイス
(フォトショップを利用した具体的な改善例も)
を丁寧にご指導いただきます。

もちろんダメなところはダメexclamationとはっきり言われますが、
これを繰り返すことで見違えるように写真がうまくなっていきます。目

皆さんのレベルが上がるのはやっぱり講師のお陰ですね。
(本業に取り組んでいただけているうちはですが・・・笑)


ホームルーム

例会後は会場となった王子駅前の居酒屋でホームルーム(飲み会)が開催されました。
ちょっと早いですが、写真展の成功を祈ってカンパイ!ビール
準備期間はつらい日々があるかも知れませんが、
またこうやって笑顔で報告できるといいですね!

3U4A7560.JPG




次回は秋の撮影会直前、10月の例会をレポートする予定です。
空がクリアになって、紅葉、花、果物など被写体に事欠かないいい季節が始まりますね。
今年の後半も皆さんのいい作品を期待しています!

それでは!

【Y.H】

posted by CPCれいるうえいず at 01:29| Comment(0) | 例会報告

2015年07月08日

2015年度第3回例会


梅雨らしく晴れ間の少ないお天気雨が続いていますが、
皆さんも思い切った撮影スケジュールが立てられず、
ストレスが多いのではないでしょうか・・・バッド(下向き矢印)

さて、5月の撮影会から約1ヶ月後の6/20、2015年度第3回例会が開催されました。
久しぶりに晴れ間晴れの見えたこの日は、年に1回のゲストトークや
撮影会の入選作品選考などイベントが盛りだくさんでした。

早速、レポートしていきたいと思います!カメラ


例 会


課題講評
例会の始めに事務局や代表からの連絡事項があり、続いて前回の課題講評に移りました。
前回の課題のテーマは「踏切」。
入席した6作品について、改めて選定ポイントの解説がありました。

講師曰く、全体の印象として「夜の作品が多い」とのこと。
夜の作品が多いのか、夜の作品が選定されてしまうのか真相はわかりませんが、
夜を極める(??)講師だけに当会の特徴の一つなのかもしれません。

3U4A6629.jpg


次回の撮影会について
ここで、秋に予定されている次回の撮影会について代表から説明がありました。

まずは、5月の撮影会で素晴らしいツアーを開催いただいた実行委員のKさん、
Iさんへのお礼があり、続けて過去の撮影路線の紹介や
次回の候補地の希望を募るといった説明がされました。

秋の撮影会は一泊二日、どこに決まるかはわかりませんが、
普段より足を延ばして鉄道写真に没頭する素晴らしい時間が

今から楽しみです(現実逃避?)。

3U4A6635.jpg

ゲストトーク
例会のメインイベント、ゲストトークの時間となりました。
ゲストは鉄道写真界の第一人者「真島満秀」先生が設立し、山崎講師も所属されていた
「マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ(旧真島満秀写真事務所)」で鉄道誌や
カメラインプレッション等多方面で活躍されている「助川康史」さんです。

3U4A6641.jpg

まずは自己紹介から始まり、現在の鉄道カメラマンとしての仕事をご説明いただきました。
ただ撮るだけじゃなく、クライアントの要求に応える撮影方法やここだけのお金の話、
デザイナーとのやり取りまでリアルな現場の裏話に一同興味津々。

3U4A6657.jpg

そして、編成写真や流し撮りの作例を用いた撮影テクニックの解説へ入って行きました。
撮り方の基本ルールはもちろん、影の出ない時間、LEDや背景の処理、縦横のバリエーション、
紙面にした時の先頭位置など、写真を売っているプロならではの細かな気配りにただただ感心。

3U4A6666.jpg

作例紹介の合間には、会員からの具体的な質問も。
どこかで必ず目にしている作品集を前に、聞きたかったことを聞けて
スッキリした会員も多かったと思います。


3U4A6695.jpg

仕事での撮影を終えた後は、アップや長時間露光などのイメージ写真なども撮影されるとのこと。
特に一同が感心したのは「ななつぼし」のテールランプを
「鳳凰」に見立てて複数のラインで表現した一枚。
完璧なイメージがないと撮影できない作品に強い印象を持ちました。

3U4A6701.jpg

最後に季節の鉄道風景をまとめたスライドショーを見せていただき、ゲストトークは終了。
山崎先輩との掛け合い(時には厳しいツッコミも)も楽しく、非常に充実した時間となりました。
助川さん本当にありがとうございました。ぴかぴか(新しい)


撮影会作品選定
5月に開催された春の撮影会の入席作品を山崎講師に選定いただきました。
また、今回は特別に「助川賞」として、助川さんにも一枚選定いただきました。

3U4A6727.jpg

見事助川賞を獲得したOさんぴかぴか(新しい)
3U4A6741.jpg

※入席作品の紹介・講評は後日フォトギャラリーに掲載いたします。


次回の課題
8月に開催予定の次回の例会について、撮影テーマとなる課題が発表されました。
通常はテーマを決める検討時間がありますが、今回はなんと講師からすぐに発表。

そのテーマはなんと「再撮」???

曰く、会員全体の撮影会作品のレベルが「・・・」で、ぜひもう一度チャレンジしてほしいとのこと。

「れいるうぇいず」始まって以来の「再撮」が課題となってしまいましたが、
一同気を取り直して、講師に納得いただけるよう前進していきたいと思います!

3U4A6757.jpg


ホームルーム
例会後は近くの居酒屋でホームルーム(飲み会)ビール
ゲストの助川さんにもご参加いただき、またたっぷりと楽しいお話をお聞きしました!

見るからに体育会系な助川さん野球
鉄道写真家も体力が大事ですよね!
3U4A6767.JPG




次回は8月の例会をレポートする予定です。
まずは「再撮」の課題をクリアすることが目標となりますが、
いつもの「れいるうぇいず」らしく遊びゴゴロを持って楽しく撮りましょう!
(と悩む自分に言い聞かせて・・・笑)

それでは!

【Y.H】



posted by CPCれいるうえいず at 12:09| Comment(0) | 例会報告