2023年03月28日

2023年度第2回例会

2023年3月25日(土)13時〜17時 目黒区八雲住区センター(最寄り都立大学駅)にて予想通り?の雨が降る中、第2回例会が行われました。


337902056_145770461761922_6793550594083891459_n.jpg

1、今年度新入会の、Sさん、Nさんの自己紹介が行われました。
これから会を盛り上げる為、宜しくお願いします!
(今回新規2名、再入会1名の入会がありました)
51_detail.jpg
53_detail.jpg

2、今年度の予算案が、会計Yさんから発表され、審議の結果満場一致で可決されました。
58_large.jpg

3、4月に行われる、撮影会の行程を、Sさんから説明いただき、撮影場所や
撮影可能な列車等の話が行われ、楽しい空気感の中おおよその事が決まったようです。 
59_large.jpg

4、22年秋に行われた、小湊鐵道の撮影会の入席者の表彰と、22年総決算の、
年度賞表彰が行われました。


【撮影会】
66_large.jpg 
1席Hさん

64_large.jpg
2席Yさん


【22年度年度賞】 
年度賞最優秀賞2022.jpg 
最優秀賞Nさん

69_large.jpg 
1席Yさん

67_large.jpg 
2席Kさん

 最優秀賞Nさん 1席Yさん 2席Kさん
  以上でした。おめでとうございます。(繰り上がり)

5、写真展作品について、講評、選抜がおこなわれ、数々の作品が決まって行きました。
写真展作品に関して、山ア講師より各自へのアドバイスを受け、次回の作品に取り入れる事が出来ると思います、また頑張りましょう。

6、そして終了後久しぶりの公ホームルームへと続くのでした。
                          以上。


今回から会員の持ち回りで議事録を書くこととなり、こちらもそれを元に書かせて頂きました。トップバッターは事務局のFさんでした。




今回は、ハイブリッド例会5回目です。
336177576_593892805965974_4684665838393474195_n.jpg 
ハイブリッド例会.jpg

写真展の作品選出という大事な講評があるため、オンライン参加者にも講評を伝わりやすくする目的で、会場でプリントを見ながらの講評と、映像に映し出しての講評とが行われました。
「同じことを二回も言うの〜?!」と渋り顔の講師も、いざ講評が始まると、とても熱心exclamation


初めてのハイブリッド記念写真.jpg
野村会長の案で、初めてのハイブリッド記念撮影が行われました!
記念撮影も楽しい時間ですねわーい(嬉しい顔)
皆様お疲れ様でした。

posted by CPCれいるうえいず at 07:15| Comment(0) | 例会報告

2023年02月13日

2023年度第12回総会・第1回例会

20231月22日()第1回例会・総会が下目黒区住区センターにて開催されました。


今回は4回目のハイブリッド例会となります。

img20230123190155.jpg

【総会・重要変更事項の決定など】

 まずは予算報告、会計監査・撮影会委員長の担当者交代、退会と継続に関する会則の変更、書記(掲示板に例会時の決定事項を書く人)の持ち回り制、年度賞の規約の確認などがありました。退会は継続意思表示が無ければ継続、入金が無ければ退会。年度賞は「新作で」と決定。(ちなみに2023年度は、例会後の2022年12月12日以降に撮った作品で新作ですよ〜)

 前年度まではコロナ渦であまり活動できず予算に余裕があり、オンライン機材購入案が出ていましたが、今期は写真展の年で切り詰めないと予算が厳しく、機材の導入に関しても再度見直しました。

【新たにウェブ委員会発足exclamation×2

 ハイブリッド例会に関しては前回の例会で一歩前進したかに見えましたが、予算の壁が立ち塞がり、プロではなくアマチュアで「納得してもらえるような(←ここが大事)ハイブリッド例会」を目指すには一筋縄では行かないことが判明しました。

 機材購入など予算面(満足できる機材は高い)、人材面(パソコンや機材は誰が持参する?)など問題点が浮き彫りになりましたが、

・・・それでも「山ア友也講師から学びたいけれど、新幹線代など負担が大きく東京まで来られない人への入り口を作りたい」との熱意は変わらず、「予算をかけずに納得のゆくハイブリッド例会」を目指し新たにウェブ委員会が発足し、3名が担当となりましたexclamation

山ア講師の「写真のことをするので(やるなら)綺麗なのにしたい」との言葉も印象的でした。


【表彰】

年度賞最優秀賞の表彰と、今期初めてのポイント制の表彰がありました。


329020681_867285264499867_5613162850527457563_n.jpg
年度賞最優秀賞 Iさん 背後にまた写りたい人がいるわーい(嬉しい顔)

329764703_888506792270123_1809287815747121118_n.jpg
一年間のポイント1位Yさん

329008043_714822206902673_2499919256630446701_n.jpg
同数2位Hさん

328452632_1436213696914721_6280364053635053163_n.jpg
同数2位Tさん

受賞の皆様おめでとうございますぴかぴか(新しい)


【見学者の紹介】
今回入会希望の見学がありました。新しい仲間が増えるのは刺激になり嬉しいですねるんるん
入会される皆様今後ともよろしくお願い致します。

【写真展の方向性について】

テーマに沿って、これはと思う写真を持ち寄り、講師の講評により方向性を確認しました。真剣な時間が過ぎてゆきます。

328095671_577725207567749_2286605753784949963_n.jpg

見ているものが違う?講師の記事が雑誌に掲載されていました。何だかんだ言って皆様山ア友也先生の大ファン。

328226000_590997696285546_4049866334513416819_n.jpg

会長はスマホを自撮り棒に付けてオンラインを試みているようです。


【撮影会の場所決め】

撮影会が今年は4月です!この例会で一番盛り上がったのがこの場所決めではないでしょうかわーい(嬉しい顔)

撮影会実行委員による過去の撮影場所の振り返りから始まり、会員からも希望を聞き最後は投票で決まりました。候補地には

「桜狙いで山形のフラワー長井線線!」などもあり鉄道好きにありがちな距離感のおかしさ…あせあせ(飛び散る汗)(結果は日帰り可能な場所に決まりましたので念のため)

コロナ渦がいく分過ぎて制約が無くなったことを実感できる楽しい例会でした。


公式のHRと呼ばれる食事会はまだ開催されていませんが、希望者数名で食事をしました。いつか公式HRが開催されますように。


posted by CPCれいるうえいず at 20:10| Comment(0) | 例会報告

2022年12月18日

2022年度第6回例会

20221211()第6回例会が目黒区鷹番住区センター(最寄り駅は東急東横線の学芸大学駅)にて開催されました。



2022.12.11.jpg

 今回は3回目のハイブリッド例会となりますが、オンライン機材が替わり全体の声も聞き取りやすくなり、以前よりも臨場感を味わえるようになりましたぴかぴか(新しい)


【秋の撮影会総括と写真展について】

 まずは撮影会の総括です。オンライン時期に入会された新会員さんで「まだ全員のお名前と顔が一致していない状態」でも、意欲的に実行委員を引き受けて下さったAさんから挨拶がありました。

320585284_3142016852763333_799673707472206895_n.jpg



 写真展については、こちらも同じくAさんからの説明で、まずは期間と場所を決めました。

年内、年明け、季節など集客や宣伝活動、撮影期間なども含めて話し合った結果、再来年20242月中旬〜3月中旬くらいとなり、会場については様々なギャラリー候補が出た中から、


・審査を受けるか受けないか(受けると開催時期を選べない)

・面積と会員数の兼ね合い(広い会場の場合、一人二枚出品にすると予算も倍になる)

・プリント用紙の自由度(ギャラリーによっては用紙を選べない)

・色合わせへの融通性(イメージと違った場合の刷り直し料金など)

・交通の便

など様々な角度から真剣に話し合い、一流プロカメラマンである講師の

「ライティングにはこだわりたい」との意見や経験も重要視して写真展会場が決定しました!


決定事項が増えるとだんだん盛り上がりテーマを決めるところまで一気に進みました。

今までやってきたテーマを振り返るところから始めます。

第1回 何気ない日常

2回 時間

第3回 におい

第4回 流れ


「今までの抽象的なテーマの流れで、車両ドッカンは無しで」という方向で会員さんに意見を聞き、ギャグなのか本気なのか分からないような様々なテーマが出されました。

野村会長の人柄なのか、会員同士が雑談しやすい雰囲気の中で笑いが絶える間なく、なんと、テーマまでも決定してしまいました!

笑いの中で決まったものの内容は展示方法まで見据えたもので、その後もワイワイと展示の仕方をどうするかまで意見が出され、気持ちはすっかり晴れの舞台へと向かい意欲が高まります。

今後の撮影が試練となるかもしれない事はさて置き、鬼が笑う来年ではなく再来年の開催に向け、会員一同今から写真展に挑みますexclamation×2


【来年春の撮影会実行委員選出】

秋の撮影会が終わったばかりですが、来年は4月が撮影会の日程となり、あ2回の例会しかありません。

「まだやっていない人」が指名され、山ア講師の他の講座なども受講されているSさんが任命されました。よろしくお願い致します。

【秋の撮影会・年度賞の審査と講評】


審査風景.jpg 

講師「・・・」

休憩時間を利用しての山ア講師の審査が始まりました。


講評風景.jpg

講師「・・・」


だんだんと会員さんが集って来ますが、講師は真剣で構ってくれないので

雑談.jpg

会員さんが購入した鉄道のカレンダーを見ながら雑談タイムに。


この後撮影会と年度賞の席順者発表がありましたが、一年間で一番の大きな賞である年度賞の最優秀賞に選ばれたのが他社製機材での撮影のため規定によりキヤノンの会報には載らず該当者なしとなってしまいます。

入会時に説明があるものの、区分けを感じることなく過ぎていたので、やはり同じ会員である仲間としてショッキングな出来事でしたが、受賞には変わりなく、こちらのHPの入席作品集とFacebookでは最優秀賞として掲載させていただくこととなりました。


撮影会の総評へと進みます。

「分かりにくい写真が多くて何の写真か分からないのが目立った、電車に興味が無い人が見ても分かるようなのでないと、身内だけの会になってしまう」とのこと。

以前の例会では「鉄ちゃんだけが分かる写真にはしたくない」との講評も受けたので、どんな写真を撮れば良いのか難しいですが、そこが『れいるうぇいず』の面白さという事で…。


今回の雨の撮影会では熱心に撮影されていた講師、珍しく(?)数枚もの作例を見せてくれましたよ!

作例.jpg

さすが鉄道カメラマン山ア友也講師の作品は美しく、とても勉強になりました!


2022年度1年の総括】

総括.jpg

力説中。

旬な話題として講師からキヤノンから発売される最新カメラの紹介がありました。乗り物優先・鉄道モードが付いているそうでカメラ談義に花が咲き、各連絡事項と記念撮影をして例会終了ですが、いつもならスマホを取り出す野村会長が三脚付きで取り出したのは、いつの間に購入されたのか


じゃーんどんっ(衝撃)

7.jpg

「写真サークルなんじゃけぇ〜カメラで撮れや〜」とスマホで撮るたび講師に言われていましたが、

会長なかなかやりますね!わーい(嬉しい顔)


今回はオンラインでの参加者はいませんでしたが、後日に録画で例会風景を見直したところ、会場全体、講師、ホワイトボードと3か所から同時映像で臨場感たっぷりに映っており、カメラも進化、例会も進化、進化の中に身を置いていることを改めて感じました。これなら遠方の方が入会してもオンライン参加で楽しんで頂けるかもしれませんぴかぴか(新しい)

写真展に向けて活動が始まるこのタイミングでの、新規会員さんの募集も始まりますので(詳細は後日改めてお知らせします。)今後ともキヤノンフォトクラブ『れいるうぇいず』をどうぞよろしくお願い致します。

posted by CPCれいるうえいず at 12:45| Comment(0) | 例会報告